風俗を極めようとする男が関東の地に降臨

本番行為の有無とトラブル

風俗と一口に言っても、様々な業種が存在します。抜きの有無でも大きく分ける事が出来ますし、その中でも細かく分類されています。一般的には本番行為は禁止されていますが、ソープにおいては、暗黙の了解として行われているのが実情です。しかし、関東等の風俗の激戦区では、ファッションヘルスやデリヘル等でも、名目上は禁止されていても、嬢によっては本番を行ってしまうケースもある様です。実際に、近年においてはありとあらゆる方法で他店よりも多くの客を集めようと、過剰なサービスを提供するお店も増えています。しかし、本番行為を行う事は立派な売春で犯罪にあたります。この点はしっかりと理解しておく事が必要であると言えるでしょう。従業員と利用客の自由恋愛だ、という名目が使われていますが、場合によってはこの名目が通用しない事も肝に命じておくべきでしょう。無用なトラブルに巻き込まれてしまわない為の自己防衛策として、店側のルールに従い、女の子を尊重する様に心がけるべきなのです。

風俗をより楽しむ為に

風俗をより楽しむ上で必要となる事は何でしょうか。それは自分の求める事を明確に把握し、必要とするサービスを提供している業種、店を選ぶ事でしょう。もちろん、予算の都合もありますので、予算内で出来る限り自分の欲求を満たせる店を探す事が必要となります。風俗の中にも様々な種類があります。ソープ、ヘルス、イメクラ等その種類やサービスは様々です。さらに、それぞれの業種の中であってもサービス内容は多種多様なものとなります。関東であれば、東京の新宿・歌舞伎町にはこれらのほとんどが揃っていると言えるでしょう。しかし、地方に比べ、料金が高くなってしまう点がネックとなります。多くの風俗店が並ぶ繁華街で店を選ぶメリットとしては競争が激しい事から、勝ち抜くために、競争の少ない地方都市に比べてより幅広いサービスを提供している店が多い点が挙げられるでしょう。これらを照らし合わせ、自分の求めるサービスをより安価に提供している店を探す事で、より風俗を楽しむ事が出来るのです。

交際クラブはこれからどうなる?

2019年を迎えて今度の交際クラブ業界がどうなるのかを予想してみます。まず、昨今の同業界の傾向を考えて見ると、店舗はあまり増えていかないだろうことが考えられます。というもの、ここまでも低価格帯サービスの乱立があり、立ち上がっては消えていく店舗が後を絶たなかったためです。過去5年間ほどの期間で考えると減った店舗の方が明らかに多かったと考えられるでしょう。この業界自体は世間の認知度も高くなって来たものがありますし、今後もまだまだ親しまれて利用されていくものだと考えられますが、絶対的に意識しなければならない点は『男性利用者の数に依存する』ということです。早い話、交際クラブ業界が成功していない傾向にあることが見て取れるのです。もしも昨今の『パパ活』等の話題ワードからの世間の認知度が高まっているとすれば、これからも発展して行くでしょうし盛り上がりも続いていく傾向が予想できたでしょう。ですので、もし上手くいっているとするならば、店舗も増えているはずです。1年後にはオリンピックも始まります。世の中が活気づいてくる状況を考えると富裕層向けビジネスとなる同業界の未来は明るいだろうと予想できますが、個人的にはそうは思いません。実際に、景気が上向いてくる状況となると、その結果が出てくるのはさらにその先です。今は、逆に忙しくなってきている時期といえるでしょう。すると、遊んでいる暇などないというのが率直な意見です。ですから、オリンピックなどのイベントごとが終わった後には若干の男性会員の増加がみられると思いますが、今は良い意味での停滞期なのかもしれません。また、このように世の中に動きがある時期こそ、逆にどうなるか分からないと足踏みをしてしまうことが多いでしょう。まだまだ、ここから盛り上がりをみせる時期にはなりますが、ここまでの交際クラブ業界の雰囲気を加味して考えると、このままズルズルと衰退していってしまうこともあるような気がします。今ままで交際クラブという業界を知っていた男性利用者たちも60歳だった人たちは65歳と歳を重ねているものです。今、新規に獲得したい50歳代の男性が退会者よりも多く入会してきているとと冷静に考えると、そうではないと考えられるのでこのままの流れで進んでしまうのか気になるところです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド

最新体験談